~コロナに負けるな!~

旅人養成所

格安航空券 おすすめ情報

格安航空券で損!!ストップオーバーの活用術♪

投稿日:

Pocket
LINEで送る

ストップオーバーとは

海外旅行のおすすめについて書いています。

今日はストップオーバーについて説明します。

ストップオーバーは言い換えると、途中降機のことです。

複数航空路線の乗継をする場合において、

乗継地点に24時間以上滞在することを指します。



例えば、タイに行くために、台湾経由の航空券だったと

します。その際、台湾に寄って、観光することを

ストップオーバーと言います。


また、定義では、24時間以上となっていますが、

24時間以内では「乗り換え」というだけで

立ち寄って、観光することができます。


これを使わない手はありません!

ただし、ビザがいる場合がありますので、

ビザについては必ず確認ください。

トランジットビザだけではダメな場合が多いです。


経由地まで観光ができますから、

私はいつも使っています。

前回は、タイに行くのに、シンガポール経由をし、

マレーシアまで陸路で行き、

その後タイに行ったことがあります。

同じ値段、もしくはちょっとしたプラス料金で

違う国に寄れるのでおすすめです!


また、私は安くするために

経由便をご紹介することが多いですが、

経由便だからこそ、いろんな国に行ける

メリットもあります。

ではどのように活用すればいいでしょうか。

ストップオーバー活用術

ストップオーバーの活用術として、

2つのやり方があります。


①同じ航空会社や同じ旅行会社にて予約する。

ストップオーバーを活用しやすい会社として、

キャセイパシフィック航空があります。

例えば、成田→香港→タイを予約しますと、

ホームページから、成田→香港便の日程、

香港→タイ便の日程が自由に予約できます。


そこで、ストップオーバーも自分でアレンジ

できるという意味です。

簡単にできるので、初心者にはおすすめです!


②経由便をバラバラで予約する

こちらは若干上級者向けになりますが、

バラバラで経由便を取ることにより、

自由にアレンジできますが、

フライト時間を間違えると乗れません。。。


例えば、今セール中のキャセイパシフィック航空。

成田→マニラが1500円

マニラ→ジャカルタ 15000円なので、

組み合わせて、別の航空会社で予約します。

そうすると、わざと、マニラの出発時間を遅らせれば

マニラで観光ができます。

このように、予約をします。

まとめ

ストップオーバーとは、経由便を使い、

経由地にて観光することです。

同じ航空会社・旅行会社を使い、

ストップオーバーをアレンジする方法、

別々に経由地ごとで航空券を入手する方法

とあります。

是非チャレンジしてみてください。

いかがでしたでしょうか?

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

今日もハッピーになりますように♪

-格安航空券, おすすめ情報
-, ,

Copyright© 旅人養成所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.