~コロナに負けるな!~

旅人養成所

おすすめ情報

おすすめ配車アプリを使ってみた! Uber? Grab?

更新日:

Pocket
LINEで送る

                             参照:pixabay

おすすめ!Uber, Grabとは?

いろんな地域で梅雨入りが発表されています。

早く雨がなくなり、晴天で旅行に行きたいですね♪

今日は、タクシーアプリ、UberやGrabについて

書いていきたいと思います。

最近テレビを賑わしている、Uber Eats

ご存じでしょうか??

コロナの影響で、在宅が多くなった昨今、

Uber Eatsを利用して、料理の配達をしてもらう

サービスのことです。

働き側にもスポットがあたっていまして、

自転車で回る姿、アルバイトとして配っている姿

などが撮影されていました。

そのUber Eatsと同じ、Uberです。

実は、Uberは私の記憶ですと、

5年ほど前からすでにあったと思います。

Uberは、行き先を入力して、

運転手と金額が出てきます。

それに合意すれば、迎えに来るという

流れです。

日本ではそこまで普及しておらず、

私の住んでる地域は一般の方ではなく、

タクシーが検索されます。

ちなみに、Grabというアプリもありますが、

こちらもUberと全く同じやり方です。

ただ、Grabは東南アジア主流だと

覚えておいていただけるといいと思います!

運転手の基準は?

基準については公表されていないと思います。

ただ、私が運転手に聞いた基準はこうです。

車を持参している運転手が、

「試験と面接」を受けに行き、

合格してから正式な運転手になれると

言っていました。

2人の運転手が言っていたので、

各国基準は違うとはいえ、

ある程度の基準はあるのではないかと

思っています。

ちなみに、私が嫌な思いをしたことは

全くありません。

むしろ、普通のタクシーの方が値段を

高く設定されたり、

悪質な場合が多かったです。

配車アプリの使い方

では、配車アプリの使い方です。

これ重要です。

日本で必ず設定しておきましょう。

私は現地で設定したら苦労しました

(smsが届かないことがあるので)

日本でやっておいた方がいいです!

1、アプリをダウンロードします。

2、個人情報を登録します。

3、行きたい先を検索ボックスから検索します

4、行き先が見つかったら、いくつかの候補がでてきます。

その中で条件がいいものをタッチします。

5、あと何分で到着と教えてくれ、ナンバーも表示

されるので、該当の車を見つけたら、

乗車します。

6、表示されていた金額を支払い、降車します。

かなり簡単です♪

ただ、数十分経っても、つかまらない時がたまにあります。

その際は、広い道にでるなど、工夫してみてください!

実は平日の昼は他の職業をしている人が多く、

配車自体少ないです。。。

平日の昼間は時間に余裕を持つといいと思います。

心配な方は日本で試してから、

海外でたくさん使ってみてください。

今日もお読みいただき、ありがとうございます

-おすすめ情報
-, , , ,

Copyright© 旅人養成所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.